プロパティ
マネジメント
事業

不動産オーナー様の大切な資産を守り、その価値をより高めることが我々プロパティマネジャーの仕事です。

プロパティマネジメントの目的は、不動産オーナー、投資家、その代理人アセットマネジャーから委託を受けて不動産の経営を代行し、その収益と価値を最大限高める事です。プロパティマネジメント業務の遂行には、オーナー様の信頼を得るだけの高い倫理観と高度な専門知識を備えていることが最も重要です。
マンション管理に関しては、リーシング、入退去管理、出納管理、メンテナンス等の基本業務に加え、オーナー様の賃貸経営のエージェントとしてコスト削減のご提案、金融機関との交渉、リスクマネジメントに至るまで、資産運営に必要なコンサルティングを行っております。
また、オーナー様の最大の悩みである「空室対策」には、IDCオリジナルの「リリアン」(築年数が経ち稼働率の下がったマンションを、ネーミングから外観までフルリノベーションで生まれ変わらせる不動産事業再生の手法)シリーズをご用意。綿密な市場、現状分析に基づくコンセプト策定、ターゲット絞込みによる最適なリノベーション企画に加え、事業収支、ファイナンス、リーシングの計画立案までトータルにサポート致します。

スタッフコメント

STAFF COMMENTS

私たち担当スタッフが全力でお客様をサポートします。

PM事業部 マネージャー苅谷 真

PM事業部 マネジメントチーム青木 麻紀

入居者様にご満足頂き長く住んでいただくこと(テナントリテンション)は、オーナー様にとっても非常に重要です。管理デスクは、入居から退去まで入居者様と接する機会が最も多くなります。入居者様のご要望をくみ取り、入居者様、オーナー様双方にとってより良いサービスを提供できるよう努めてまいります。
また、賃貸経営にあたっては非常に大事なリスクマネジメントということを常に考え、オーナー様からお預かりした資産をお守りします。

PM事業部 マネジメントチーム松下 晃子

オーナー様の資産を守るために日々物件から得られる収益の最大化を考えてリーシング活動を行っております。
賃料を下げれば決まりはよくなりますが、むやみに賃料を下げると当然収益も下がり、その物件の価値を“無駄”に下げてしまいます。
オーナー様からお預かりした大切な資産である物件を愛し、物件の価値を守るのが私たちのお仕事です。