Mirai Lab.賃貸経営の未来を作るコラム

コロナ禍で生活様式に変化が。Withコロナ時代の賃貸住宅に求められるものは何?

昨年から続く新型コロナウイルス問題は、私たちの社会生活に大きな影響を与えています。実際に、新型コロナウイルスの感染拡大以後、生活や働き方が大きく変化してしまい、現在の住まいに不満を感じるようになってしまった…という方も多いのではないでしょうか?

特に、賃貸住宅における入居者ニーズは、大きな変革期に来ていると言われており、賃貸経営を行っているオーナー様は、コロナ禍で求められる賃貸住宅の条件が非常に気になっているのではないでしょうか?そこでこの記事では、これから迎えるWithコロナ時代に、賃貸住宅に求められている条件を簡単に考えてみたいと思います。

コロナ禍で変わる賃貸需要

 

冒頭でご紹介したように、新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの社会生活を大きく変化させています。コロナ禍の現在では、人との接触を減らすということが求められていることから、日本国内ではなかなか浸透してこなかった、テレワークや在宅勤務という働き方が一気に受け入れられるようになっており、現在では大手企業に関わらず、多くの企業がテレワークの導入を進めています。さらに、飲食店の時短営業が当たり前となっている現在では、仕事終わりにそのまま帰宅することが多くなっており、在宅時間がどんどん長くなっています。

特に、テレワークが広く普及し始めているということで、人々の住まいへ求める条件が大きく変容していると考えられます。例えば、

  • 住まいの防音性能について
    在宅時間が増えることに伴って、住まいの防音性能に不満を感じ始める方が増加していると言われています。今まで、日中は出勤していたことで気づかなかった周辺の騒音が気になるようになってしまい、住み替えを検討し始める方も多いようです。
  • 部屋数が欲しくなった
    テレワーク用のスペースとしてはもちろんですが、住まいの中に『一人になれる空間』を求める方が増加していると言われています。
  • 快適なネット環境
    テレワークとしてはもちろん、在宅時間が長くなったことで、動画視聴やゲームなどでのネット活用が増加しています。特に、高速通信が重視されることから、通信方式の変更なども求められるようになっています。

このように、新型コロナウイルスの感染拡大以後は、社会生活の変化から住まいに求められる条件が変容しています。それでは、賃貸経営を進めていく上では、どういった事に注目していけばよいのでしょうか?以下で見ていきましょう。

自信があるから公開します

当社管理物件の驚異の入居率

94.29%
1月
94.67%
2月
97.51%
3月
96.51%
4月
95.52%
5月

当社管理物件の入居率を見る +

コロナ禍の賃貸住宅の変更ポイントとは?

 

それでは、これから迎えるWithコロナ時代を見据えて、賃貸オーナー様が考えておきたい賃貸住宅の変更ポイントの具体例をいくつかご紹介しておきましょう。

テレワーク専用スペース

 

テレワークの普及は、賃貸経営にも大きな影響を与えていると言えるでしょう。対面での仕事が重視されてきた日本では、テレワークの普及が難しいと考えられており、従来の賃貸住宅はテレワーク用のスペースなど全く考慮されていな物件の方が多いと考えられます。
しかし、現在では新型コロナウイルス問題の終息後もテレワークを続けるという企業が登場しているなど、賃貸物件もテレワーク可能なスペースが今後求められると考えられます。既存物件にテレワーク用スペースを設けるには、以下のような対策が考えられます。

  • ☑ 広めの部屋であれば、リビングや個室の一角にワーキングスペースを設置
  • ☑ クローゼットを改修し、テレワーク用のスペースとして活用できるようにする
  • ☑ 1階にテナントなどがある物件であれば、コワーキングスペースにリフォームする

遮音性の向上

 

集合住宅での騒音トラブルは、従来からある課題なのですが、テレワークが増え、在宅時間が増加すると考えられることから、より一層騒音対策が重要になると考えられます。したがって、壁や床などの遮音性強化や、窓に内窓を設置して二重窓にするなど、内外から騒音対策を進める防音リフォームの検討が必要だと言えるでしょう。

高速インターネット

 

テレワークのほか、動画・音楽配信サービス、ゲームなどのネット活用が増加していることから、高速インターネットが必須設備になってきています。
現在は、入居者が無料で利用できるサービスが主流となっているのですが、このタイプは同時使用率が高くなることにより、回線速度が遅くなってしまう…なおというデメリットも存在します。在宅時間が増えてきた現在では、より高速な回線速度が求められていることから、快適な接続環境の構築が大切になるでしょう。

居室の省エネ性能も注目されている

 

在宅時間が長くなるということは、それだけ入居者が負担する光熱費が高くなるということです。特に、エアコンや照明器具などの電力使用量はかなり増大すると考えられるでしょう。
したがって、省エネ性能の高い高効率エアコンに入れ替えるほか、居室の断熱性能や気密性能の向上で省エネ効果を高めていくことが求められるでしょう。なお、Withコロナ時代では、ワーキングスペースが確保できることに次いで、省エネ効率が高い部屋は入居者へのアピール効果が高くなると考えられます。

「密」や「接触」を避ける宅配ボックス

 

コロナ禍の現在でも、インターネット通販利用者は増加を続けています。そこで、宅配ボックスの需要は今後もさらに高くなっていくと考えられるでしょう。
もともと、不在再配達防止として生まれた宅配ボックスなのですが、コロナ禍の現在では、密や接触を避けるための手法としても活用できるため、Withコロナ時代には必須設備になっていくと考えられます。最近では、リースで後付け可能な宅配ボックスも増えていますし、何より入居者が「付いていてよかった」と非常に喜ぶ設備になると思います。

まとめ

 

今回は、新型コロナウイルスの影響で、大きく変化している日本の社会生活において、今後の賃貸物件に求められる条件がどのようなことなのかについてご紹介してきました。この記事でもご紹介しているように、テレワークや在宅勤務が一気に普及し始めたことから、賃貸物件を探す方が求めている条件も変化しつつあると言われています。

もちろん、この記事でご紹介した以外にも、さまざまな条件があると思いますが、まずは最低限必要と考えられるポイントをご紹介していますので、頭に入れておきましょう。

執筆スタッフ株式会社アイ・ディー・シー広報

株式会社アイ・ディー・シー広報のMです。
当サイトのコンテンツにつきましては在籍のCPM米国認定不動産経営管理士、不動産コンサルティングマスター、賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士、相続支援コンサルタント、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーの監修のもとで質の高い情報をお届けできるよう、日々更新しております。

  • TOP
  • ブログ
  • コロナ禍で生活様式に変化が。Withコロナ時代の賃貸住宅に求められるものは何? | 株式会社アイ・ディー・シー