Mirai Lab.賃貸経営の未来を作るコラム

今さら聞けない不動産投資の基礎知識!初心者がおさえておきたい不動産投資の種類について

一口に『投資』といってもさまざまな種類が存在します。一般の人にも身近な投資で言えば、非常に少額からでもスタートできるような時代になっていることから『株式投資』が最も有名な投資だと言えるでしょう。
しかしここ数年では、ミドルリスク・ミドルリターンだと言われる不動産投資が資産形成に非常にオススメだと言われるようになっています。実際に、老後資金を作る目的などで、個人の方でも不動産投資に強い興味を持ち始めているという方が多くなっています。ただし、最近でこそさまざまな場所で土地活用や不動産投資を専門としたセミナーなどが開かれるようになったのですが、まだまだ一般的な認知度が低いこともあり、不動産投資が具体的にどういったものなのか分からない…という方も多いようです。
そこでこの記事では、不動産投資初心者の方に向け、不動産投資の基礎知識や種類、投資としての種類について解説していきたいと思います。

そもそも不動産投資とは?

 

それではまず、「不動産投資とは何ぞや?」という部分から簡単に解説しておきましょう。
不動産投資は、土地や建物などの『不動産』を投資対象として、利益を得ようとする行為のことを指しています。そもそも投資というものは、あえてリスクをとりながら、将来的にお金が増えるようにお金をつぎ込んでいく行為であると言い換えることができます。そして、投資対象の違いによって「〇〇投資」といった感じに呼ばれるのです。不動産が投資対象の場合は『不動産投資』、株式が対象なら『株式投資』、FXであれば『FX投資』といった感じですね。

不動産投資に関しては、第三者に不動産を貸しだしてインカムゲインを手に入れたり、売却してキャピタルゲインを手に入れていくというのが基本となります。投資をスタートする時点で、最終的なゴールをある程度見定めておき、運用方針をきちんと計画したうえで土地や建物を購入するのが一般的です。
ちなみに、不動産投資にもさまざまな投資手法が存在していますので、初心者の方は、どういった種類があるのかを把握することからスタートすべきです。

※インカムゲイン・・・株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のこと
※キャピタルゲイン・・・株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のこと

自信があるから公開します

当社管理物件の驚異の入居率

94.29%
1月
94.67%
2月
97.51%
3月
96.51%
4月
95.52%
5月

当社管理物件の入居率を見る +

不動産投資にもいくつかの種類が

 

不動産投資も、投資する物件によっていくつかの種類に分類することができます。主に以下の4種類が考えられます。

  • ☑マンション投資
  • ☑アパート投資
  • ☑戸建て投資
  • ☑マンション一棟投資

マンション投資は、区分マンションの1区分を購入し、それを第三者に貸しだすことで家賃収入を得るという方法です。近年では、若い人の間でも注目されている投資方法です。ちなみに、購入する物件が、新築マンションなら新築マンション投資、中古なら中古マンション投資と分けて呼ばれる場合もあります。不動産投資の中でも、比較的少額で始められるものですので、初心者向きだと言われています。
ただし、1区分だけの所有でマンション投資を行う場合、空室リスクがかなり高くなることから、築年数やエリアが異なる複数のマンションを所有し、リスク分散をするのが望ましいと言われています。

これに対して、「アパート投資」「戸建て投資」「マンション一棟投資」に関しては、初期投資額がそれなりに大きくなるという特徴があります。「アパート投資」や「マンション一棟投資」に関しては、アパートやマンションを建てて運営する手法で、賃貸需要が高いエリアをきちんと見極めれば、空室リスクを分散できますので、安定した運営が期待できると言われます。ただし、マンション一棟投資に関しては、かなり潤沢な資金が必要になりますし、老朽化した際の対処が難しいというデメリットが存在します。
戸建て投資に関しては、リスクの割に収益性があまり見込めない…という人もいて、「戸建ては投資向きではない…」と考える方も多いようです。しかし、人々のライフスタイルが多様化してきた現在では、「どのような戸建を建てるか?」によって、収益性が大きく変わるため「投資向きではない」とは言えないと思います。特に、新型コロナウイルスなどの影響により、不特定多数の人が同じ建物内に住む集合住宅より、戸建ての方が安心と考える方が増えています。そのため、今後は戸建ての賃貸需要が高まっていくと予想されています。

どの不動産投資手法に関しても、一長一短な感じですので、慎重に検討すべきでしょう。初心者の方であれば、まずは区分マンション投資からスタートするという場合が多いです。

投資の種類について

 

最後は、投資の種類について簡単に解説しておきます。不動産投資は、上述したように不動産の種類で分類できるように、投資の種類によっても分けることができます。投資の種類で分ける場合には、「現物不動産投資」「小口化不動産投資」「証券化不動産投資」の3つに分類することができ、一般の方がイメージする「第三者に貸しだして家賃を得る」といった不動産投資は、「現物不動産投資」の形となります。

これは言葉からイメージできるように、投資家が実物の不動産を購入して(これが現物)、それを第三者に貸し出すとこで家賃収入を得るという方法です。実物の不動産を購入するためにローンを利用している場合、そのローンも家賃収入から返済していくものとなりますので、最も始めやすい不動産投資の形だと言えるでしょう。

これに対して、小口化不動産投資はあまり耳にしたことがないと思います。この手法は、複数の投資家が集まり、共同持分権を設定して、一つの不動産に投資するという方法です。例えば、都心の一等地にあるような不動産となると、非常に高額で個人で購入するには資金が足りない…、リスクが大きすぎる…なんてことになります。これが複数で投資することになるため、一人当たりの投資額が小さくなり、好立地の高額な物件でも投資できるようになるというからくりの投資方法です。

証券化不動産投資に関しては、現物の土地のオーナーになるわけではないという手法です。これは、大型商業施設やオフィスビルなど、建設するのに多額の資金を要するといった物件に関して、投資家から資金を調達するため不動産投資信託が売り出され、それに投資するという手法です。投資金額に応じて、利益が分配されるという仕組みですので、中身は意外に分かりやすい形になっています。

まとめ

 

今回は、不動産投資初心者の方のため、不動産投資に関する基礎知識をご紹介してきました。もともと、閉鎖的な業界といわれていた不動産投資業界ですので、「興味があるけど、騙されそうで怖い…」などという漠然とした不安を持っている方が多いと思います。しかし近年では、不動産投資業界自体がかなりオープンな業界になってきていますので、各不動産投資会社が積極的にセミナーなどを行うようになっています。

不動産投資は騙されそう…などとお考えの方も多いのですが、こういったリスクは、自分自身がきちんと知識を仕入れておくことで、回避することができるようになるはずです。不動産投資は、事前に情報収集を行い、正しく投資することで、かなり勝率を上げることができると言われているものですので、まずは、いろいろなセミナーなどに参加してみて、「不動産投資とは何ぞや?」という部分からきちんと学んでみるのも良いのではないでしょうか?

株式会社アイ・ディー・シーでも、お客様に役立つ情報を定期的に発信するセミナーなどを開催していますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

> セミナー情報はコチラ

執筆スタッフ株式会社アイ・ディー・シー広報

株式会社アイ・ディー・シー広報のMです。
当サイトのコンテンツにつきましては在籍のCPM米国認定不動産経営管理士、不動産コンサルティングマスター、賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士、相続支援コンサルタント、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーの監修のもとで質の高い情報をお届けできるよう、日々更新しております。

  • TOP
  • ブログ
  • 今さら聞けない不動産投資の基礎知識!初心者がおさえておきたい不動産投資の種類について | 株式会社アイ・ディー・シー