Mirai Lab.賃貸経営の未来を作るコラム

Withコロナ時代はテレワークが当たり前?コロナ禍の入居者ニーズが空室対策のヒントに!

アパートやマンションなどを運営している賃貸経営者にとって、永遠の課題となるのが空室対策ですね。現状は、満室経営ができていたとしても、いつ退去者が出て空室が生じるのか分かりませんし、空室が出た時には、如何に早く新たな入居者を見つけるのかが非常に重要になります。

賃貸物件の空室対策については、建物の美観や共用部分の管理状態など、さまざまなポイントがあるのですが、何より大切になるのが入居者ニーズを満たす部屋を常に作るということです。しかし、この入居者ニーズというものは、時代や情勢の影響で人々のライフスタイルが変わってしまうことから、常に的確なニーズをつかむのが非常に難しいものです。
そして今まさに、賃貸経営者にとって、自分の物件を大きく変えなければならない時代の変革期に来ているかもしれないのです。というのも、昨年の1月頃に発生した新型コロナウイルス問題により、入居者の賃貸ニーズが大きく変化していっていると言われているからです。実際に、ここ最近の不動産投資関連のセミナーなどでも、コロナ禍以後の賃貸物件をどうすべきかというのは、大きな話題になっていますよね。

そして、自分の物件の空室対策を検討した場合には、Withコロナ時代のライフスタイルからヒントを得て、入居者ニーズに合った部屋作りが非常に重要になると考えられるのです。そこで今回は、Withコロナ時代にどのような賃貸物件が求められるのかについて簡単に考えてみたいと思います。

アフターコロナでもテレワークは受け入れられる?

 

新型コロナウイルス問題は、本当にさまざまな場所に大きな影響を与え続けています。特に、飲食業界は致命的とも言えるような打撃を受けていると言われており、時短営業や酒類の提供禁止など、コロナ問題以前では考えられなかったような状況になっています。そして、人々のライフスタイルについて目を向けてみれば、日本では受け入れられない…と言われていたテレワークや在宅勤務と言われるような働き方が、一気に当たり前になっているということがあげられます。テレワークの浸透などは、新型コロナウイルス問題の中でも、数少ない好影響だとも言われています。

テレワークが浸透したことにより、多くの方が「毎日の出勤」から解放され、従来、人気物件の条件であった「駅から近い事」「主要施設へのアクセスの良さ」などと言った点が気にされなくなってきていると言われています。現在では、テレワークの普及や、長期化する外出自粛の影響などで、物件の立地条件よりも、「住み心地」や「衛生を保ちやすい設備」などが重視される傾向にあると言われているのです。

ただし、新型コロナウイルス問題については、永遠に続くわけではなく、いずれ現在の規制が解除されれば、コロナ問題以前のライフスタイルに戻り、賃貸需要も従来通りになると考えてしまっている方も多いでしょう。しかし、長期化する新型コロナウイルス問題のなかで、テレワークの良さが広く知られてきたこともあり、コロナ禍の働き方や感染予防の習慣などがこのまま続くのではないかと予想されるようになっているのです。
実際に、昨年の第一回目の緊急事態宣言時では、宣言の解除に合わせてテレワークも解除する企業が多かったのですが、2021年に入ってからは宣言が解除されても、そのままテレワークを続けるという企業が急増しています。特に顕著なのが東京などの大都市圏で、2021年5月のテレワーク実施率は過去最高の64.8%にまでなったと言われています。コロナ禍ではじまったテレワークは、労働者はもちろん、企業側にもさまざまな好影響を与えていると言われており、厚生労働省の調査でも、以下のようなメリット面があげられています。

引用:テレワークを巡る現状について

これから迎えるWithコロナ時代は、「お家時間を楽しむ」「快適な住空間で暮らす」などと言った入居者ニーズが新たなセオリーとなってくるかもしれませんので、賃貸経営者は、新型コロナウイルスによって変容したニーズに対応していけるかが大きなポイントになると考えられます。

自信があるから公開します

当社管理物件の驚異の入居率

94.29%
1月
94.67%
2月
97.51%
3月
96.51%
4月
95.52%
5月

当社管理物件の入居率を見る +

Withコロナ時代に求められる賃貸物件

 

それでは、これから迎えるWithコロナ時代には、どのような条件が賃貸住宅に求められるのかを見ていきましょう。新型コロナウイルスのような感染症問題は、なかなか先が見通せない…ということから、さまざまな業界で消費行動が控えられている…と言われています。しかしそのような中、テレワークの開始や感染症対策を重視するためなどという理由で、賃貸物件の住み替え需要は高まっているとも言われているのです。

こういった状況ですので、適格な入居者ニーズをつかみ、適切な対応を行うことは、非常に効果的な空室対策になるはずです。ここでは、ライフスタイルの変容によって求められるようになった賃貸物件の条件をいくつかご紹介しておきます。

防音性が求められるようになった

 

もともとは「防音性は全く気にされない!」というわけではありませんよ。
しかし、外出自粛や飲食店の時短営業などにより、在宅時間が長くなったことで、集合住宅での騒音トラブルが急増していると言われています。また、テレワークが当たり前となった現在では、昼間も在宅する人が増えてきており、今までは気にしなかった周辺環境からの音が気になる…などという方も多くなっているのです。他にも、web会議ツールを使う際、自分の声が周囲に迷惑をかけないだろうか…ということを気にする方も多いようですね。

こういった事から、賃貸物件を探す際に、物件の防音性能を重視する方が急増していると言われています。

関連記事:意外に安価で実現する空室リフォーム手法!Withコロナ時代の賃貸物件は『窓』に注目したい!

部屋数が多い

 

テレワークの長期化、一般化により、家で仕事をする方が非常に多くなっています。短時間の簡単な作業であれば、リビングなどを使って対応することもできるのですが、長期間もしくは在宅ワークが一般的という場合、専用のワーキングスペースを確保したい…と考える方は非常に多いと言われています。
実際に、ある新聞社の調査では、1Kに住んでいる方の中には、家での仕事では集中できない、非効率だ…などという理由から、感染リスクがあったとしても出社せざるを得ない…と答えている方もいたというデータが紹介されています。

こういった理由から、テレワークに従事するにしても、仕事とプライベートをきちんと切り分けできるように、部屋数が多い物件が人気になっているようです。

ペット可物件が人気

 

在宅時間が増えてきたということや、人との接触を減らさなければならないということから、寂しさを紛らわす目的などで、犬や猫などのペットを飼い始める方が急増していると言われています。実際に、ペット関連の情報誌を確認してみると、2020年の新規世帯が飼い始めたペットについて、犬・猫ともに、過去5年間で最も多くなったというデータがあるそうです。

ペットに関しては、特に一人暮らしをしていた方が飼い始めるというケースが多いようですね。これまでは、仕事で家を空けることが多いため、飼いたくても飼えない…という状況だったものが、テレワークの導入により、いつでも世話をできるようになったという点が大きいのだと思います。
こういった事もあり、『ペット可』物件の人気が急激に高くなっていると言われています。

宅配ボックス

 

コロナ禍では、宅配ボックスが備え付けられているかという点も重要だと言われるようになっています。在宅時間が増えたのだから、「宅配ボックスの需要は下がるのでは?」と考えてしまう方も多いかもしれませんね。在宅しているわけですので、いつでも受け取りが可能なはずです。

しかし、新型コロナウイルスの様な感染症問題は、人との接触を減らすということも重要とされているため、対面で受け取らなくても良いという点が人気の理由です。通販サイト側も、人との接触を減らす目的で、「置き配」などというサービスをスタートしていますが、オートロック物件は置き配できませんし、可能な物件でも置き方によってトラブルになることが増えていると言われているのです。そのため、通販利用が増えている中、安心・安全に物品を受け取れる宅配ボックスの需要が非常に高くなっているのです。ちなみに、宅配ボックスは、戸建てでも求められるようになっています。

玄関洗面などの感染症対策

 

最後は、感染症対策を目的とした設備です。戸建住宅でも同じですが、玄関から入ってすぐに手洗いができる洗面台のある物件の人気が高くなっています。外から帰ってきたらすぐに手洗いすることができれば、家の中にウイルスが侵入するのを防ぐ事が出来るという考えですね。

特に、小さなお子様がいるファミリー層であれば、手洗いの習慣づけが容易になるという理由から、玄関部分もしくは直行できる洗面台を強く希望する方が多いです。

まとめ

 

今回は、昨年から一気に変化してきた日本人のライフスタイルによって、賃貸物件に求められるものがどのように変わってきているのかをご紹介してきました。この記事でご紹介したように、在宅時間が長くなっている、テレワークが普及してきたなどということから、今まで賃貸物件に求められていた条件が大きく変容するようになっています。

例えば、駅近や主要施設へのアクセスの良さなどに関しては、テレワークが普及した現在では、そこまで大きな武器にならないのではないかと考えられるようになっています。つまり、今までは立地の良さで安定的な入居率を確保できていた人気物件であっても、これからは、居室の住環境に注目していかなければ、一気に空室が生じてしまい、賃貸経営を圧迫してしまう恐れがあるのです。

この記事でご紹介したような需要に関しては、一つ一つへの対策も意外に容易に可能な条件が多いです。もちろん、物件全体を「ペット可」にするなどとなると、現在住んでいる入居者が退去してしまう恐れがある、一度ペット可にしてしまうと元に戻しにくくなるといった問題もありますので、どのような対策で空室対策を進めていくのかは慎重に考える必要がありますよ!

執筆スタッフ株式会社アイ・ディー・シー広報

株式会社アイ・ディー・シー広報のMです。
当サイトのコンテンツにつきましては在籍のCPM米国認定不動産経営管理士、不動産コンサルティングマスター、賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士、相続支援コンサルタント、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーの監修のもとで質の高い情報をお届けできるよう、日々更新しております。

  • TOP
  • ブログ
  • Withコロナ時代はテレワークが当たり前?コロナ禍の入居者ニーズが空室対策のヒントに! | 株式会社アイ・ディー・シー