Mirai Lab.賃貸経営の未来を作るコラム

物件の敷地内に粗大ごみを放置された場合の対処について

マンションやアパートを経営しているオーナ様であれば、物件の敷地内に粗大ごみを放置されて困ってしまった…という経験はあるのではないでしょうか?

物件の敷地内に放置されている粗大ごみにいては、「誰が処分すべきなのか?」という問題以前に、そもそも「勝手に処分しても良いものなのだろうか?」という疑問を持ってしまう大家さんも意外に多いです。とはいえ、粗大ごみを目立つ位置にいつまでも放置してしまうと、物件の景観を壊してしまいますし、物によっては横を通る時に危険を感じてしまうなど、入居者からの苦情に繋がってしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、物件の敷地内に粗大ごみを放置されてしまった時の対処についてご紹介していきます。

賃貸経営を行う場合、粗大ごみのトラブルは珍しくない!

 

これからアパート経営などを検討しているという方であれば、賃貸経営を行っていく上では、粗大ごみに関わるトラブルは珍しくないという認識を持っておいた方が良いですよ。

そもそも粗大ごみというものは、単に大きいゴミというわけではないということをご存知でしょうか?自治体などによって、粗大ごみの定義が微妙に異なる場合もあるのですが、一般的に「一辺の長さが30cm以上のもの」や「45リットルごみ袋に入らないサイズのもの」が粗大ごみとして定義されています。要は、タンスなどの大型家具や布団、自転車や家電などが該当すると考えてください。なお、家電の中でも、エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫など、家電リサイクル法対象製品は除かれます。

こういった粗大ごみというのは、一般ごみのようにゴミ捨て場に捨てておくだけでは回収してもらうことができません。粗大ごみの処理は、自治体の粗大ごみ処理センターなどに自分で持ち込むか、コンビニなどでゴミ処理券を購入し、自治体の回収サービスに連絡して引き取ってもらう、民間の不用品回収などに出すなどして、捨てるのにそれなりの手間がかかってしまう訳です。

粗大ごみトラブルはあるものと考えておこう

 

賃貸経営において、家賃の滞納や空室問題などのトラブルは、最初から想定している方が多いのですが、粗大ゴミが原因となるトラブルなどは滅多にないと考えてしまっている方が多いです。

しかし、上述したように、粗大ごみは処分するだけでもコストや手間がかかってしまうものですので、大家さんを悩ませるトラブルとしては意外に頻繁にあるものと考えておいた方が良いです。実際に、「通常のゴミのように出されてしまう…」「長期間ゴミ捨て場に放置されていることで、他にも捨てられてしまう…」と言った問題は多く、さらに誰が不法投棄したのか分からないことから、処分に困ってしまうというケースが多いのです。

粗大ごみは、ごみの回収業者と契約していても、回収してもらうことができないので、いつまでもゴミ捨て場に残ってしまうことになります。そのため、最初はルールを守らない一人の住人の問題だったものが、「捨ててもいいのだ」と勘違いして後に続いてしまう…なんてこともあるのです。粗大ごみは、ゴミ捨て場のスペースを占拠して邪魔になってしまいますし、景観を壊してしまうことから入居者に不満が溜まってしまうことになります。つまり、適切な粗大ごみの対処を考えておかなければ、退去者が出てしまい空室問題にまで発展するわけです。

自信があるから公開します

当社管理物件の驚異の入居率

94.29%
1月
94.67%
2月
97.51%
3月
96.51%
4月
95.52%
5月

当社管理物件の入居率を見る +

粗大ごみを適切に処理しない場合のリスク

 

物件内に粗大ごみを放置された場合、オーナ様側で処分するとなると、そこにかかるコストはオーナー様が負担することになります。当然、オーナー様自身のゴミではないので、「なぜ費用を支払わなければならないのか?」という気持ちになってしまいますが、コストを嫌って放置してしまうと、もっと大きな問題に発展してしまう危険があります。

リスク① 入居者や近隣の迷惑になる

 

上述したように、粗大ごみは普通のゴミよりも大きな存在です。したがって、ゴミ捨て場に粗大ゴミが放置されてしまうと、それでスペースが占拠されてしまい、他の入居者がゴミを出しにくくなってしまいます。そして、ゴミ捨て場からゴミがはみ出してしまうと、通行の邪魔になったり、悪臭が広がったりとさまざまな問題を引き起こしてしまいます。

さらに、ゴミ捨て場に粗大ゴミが散乱している場合、どうしても汚く見えてしまいますし、内見時に「管理がされていない物件」という印象を与え、空室が埋まりにくくなるという問題も生じます。最悪の場合、ゴミ捨て場に放火されて、近隣にも迷惑をかけるような事件に発展する危険もあると考えましょう。

リスク② 物件のイメージが悪くなる

 

ゴミが放置されている物件であれば、誰でも良いイメージなど持ちませんよね。粗大ごみによって、美観を損なうだけでなく、「物件の管理がおざなりなのだ」というイメージを与えてしまいますので、物件を探している人はもちろん、既存入居者も他の物件を探し始める恐れがあると考えなければいけません。他にも賃貸物件はたくさんあるわけですし、わざわざゴミ問題があるような物件に住みたいと考えるような人はいません。つまり、粗大ごみの放置は、単なるゴミの問題ではなく、物件の印象全てに影響を与えてしまう重要問題と捉えておきましょう。

※粗大ごみの放置でゴミが増加することも…
粗大ごみの放置問題は、できる限り速やかに対処すべきです。というのも、粗大ごみを放置してしまうと、他の入居者が「捨てても構わないのだ」という考えを持ってしまう可能性があるからです。今までは、きちんとルールを守っていたような人でも、「この物件は捨てても良いのだ」と勘違いしてしまう恐れがあります。さらにそれだけでなく、近隣に住む人がマンションの敷地内に粗大ごみを不法投棄しに来る…なんてリスクがあり、一つのゴミの放置が次なるゴミを生み出してしまう可能性があると考えてください。

物件の敷地内に放置された粗大ごみの処分について

 

原則としては、粗大ごみの処分に関しては、捨てた本人に処分する責任があり、物件オーナー様や管理会社が処分しなければならないという義務は存在しません。しかし、夜中に隠れて放置されてしまうなど、捨てた人を見つけ出すことはなかなか難しい問題です。ゴミ捨て場を24時間監視しておくなどと言った対応は現実的ではありませんし、引っ越しの際に粗大ごみを出し、既に物件には住んでいないなんて場合もあるでしょう。また、物件に住んでいる人ではなく、近隣の方が捨ててしまっている…なんてことも考えられます。

それでは、このように「誰が捨てたのか?」を特定できないような粗大ごみについては、誰が対処すべきなのでしょうか?これに関しては、オーナーや管理会社に責任はないものの、放置してしまうと他の入居者に迷惑がかかりますし、物件のイメージを損なって経営を悪化させてしまうリスクがあるため、物件オーナー様や管理会社が費用を負担して処分すべきと考えましょう。

捨てた人間が特定できた場合

 

防犯カメラに映像が残っていたなど、粗大ごみを捨てた人間が特定できた場合、警察や自治体の生活環境課などに相談するのがオススメです。ルールを守らずに粗大ごみを捨てるという行為は、不法投棄になりますので、犯罪行為です。不法投棄は、個人の場合でも「5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金、もしくはその両方」という非常に厳しい罰則が用意されている重大な犯罪です。

オーナー様からすれば、「そこまで大ごとにしたくない…」と考えるかもしれませんが、自分で犯人と交渉した場合、傷害事件に発展してしまうなど、さらなるトラブルに発展する可能性もあります。したがって、このような場合には、公的な第三者に介入してもらうことがオススメです。

不法投棄が起きない環境を作る

 

最後に、賃貸物件で粗大ごみの不法投棄が起きないようにするための対策についても簡単にご紹介しておきます。所有物件で、粗大ごみの放置が起きてしまうのは、入居者が「何をゴミとして出して良いのか?」を理解していないことが原因の場合もあります。特に、大学生の一人暮らしを受け入れているマンションなどであれば、ゴミ出しルールを知らない…という人も意外に多いのです。

したがって、以下のような対策を行っていくのがオススメです。

物件のゴミ出しルールをしっかりと説明する

 

粗大ごみの放置は、「ゴミとして出して良いと思っていた…」など、悪意など全くなく、単にゴミ出しのルールを知らなかったことが原因という場合もあります。特に、初めて一人暮らしをする人であれば、どこからどこまでのゴミを出せるのか理解していない人も多いです。

したがって、入居時に物件でのゴミ出しに関するルールを分かりやすく説明したサッシなどを渡し、それを守るようにしっかりと注意喚起することが大切です。また、退去時に大量の粗大ごみを放置していくような方も多いので、退去時の粗大ごみ取り扱いを入居時の契約書に記載しておくことや、退去時にゴミを出していないか立会いすると言った対策をとるのがオススメです。

ゴミ捨て場に注意喚起をする

 

ゴミ捨て場に、粗大ごみに関する注意喚起の張り紙をしておくのも有効です。目につきやすい場所に、分かりやすく粗大ごみの出し方に関するルールを提示しておきましょう。
また、「不法投棄をした場合は通報します」などの警告文を一緒に提示するのも効果的です。

監視カメラを設置する

 

最後は、ゴミ捨て場に監視カメラを設置するという対策です。常に人の目があるということを示せますので、非常に高い効果が期待できます。ゴミ捨て場周辺を広く撮影できるタイプを設置しておけば、万一不法投棄があった場合でも、証拠として残しておくことができます。

なお、防犯カメラの設置に合わせて、センサーライトなども一緒に設置しておくのがオススメです。不法投棄は、主に夜間に行われることですので、近寄った時にライトが点灯し、カメラが目に入れば、不法投棄を思いとどまる可能性が高くなります。

まとめ

 

今回は、賃貸物件オーナー様が悩んでしまうことが多い、物件敷地内での粗大ごみの放置問題についてご紹介してきました。粗大ごみは、捨てるのにもコストと手間がかかってしまいますので、ルールを無視してゴミ捨て場に出してしまうような入居者が一定数存在します。もちろん、ルール違反をしているのは、不法投棄した人ですから、大家さんが処分費を負担して処分するのは納得できない問題かもしれませんが、放置してしまうとさらなるトラブルを引き起こしてしまうリスクがあるため、可能な限り速やかに処分するようにした方が良いでしょう。

なお、賃貸物件での不法投棄に関しては、まずは入居時の契約の段階でしっかりと注意喚起し、ゴミ捨て場に監視カメラを設置するなど、「不法投棄させない」ための対策が大切です。また、中には、ゴミ捨てに関するルールを知らない人もいますので、そういった方への説明もしっかりと行うようにしましょう。

執筆スタッフ株式会社アイ・ディー・シー広報

株式会社アイ・ディー・シー広報のMです。
当サイトのコンテンツにつきましては在籍のCPM米国認定不動産経営管理士、不動産コンサルティングマスター、賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士、相続支援コンサルタント、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーの監修のもとで質の高い情報をお届けできるよう、日々更新しております。

  • TOP
  • ブログ
  • 物件の敷地内に粗大ごみを放置された場合の対処について | 株式会社アイ・ディー・シー