Mirai Lab.賃貸経営の未来を作るコラム

【立地編】不動産投資を始める前に知っておきたい5つのポイント

 

これから不動産投資を始めようと考えている方

もしくは物件購入を考えている方は、どういった基準で物件を選定されていますか?

 

投資家の方であれば「利回り!」と答えられる方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん利回りは大切ですが、不動産投資はそれだけではありません。

表面利回りだけに騙されてしまうと大変危険です。

 

不動産投資のエキスパートが考える

不動産投資を始める前に知っておきたい5つのポイントをご紹介いたします。

 

不動産投資5つのポイント
1. 好立地
2. 唯一無二のデザイン性
3. 土地付き新築アパートを選ぶ
4. リスクの低い事業計画
5. 管理のトータルサポート体制

 

今回は「好立地編」ということで立地についてのお話をしていきたいと思います。

他のポイントに関しては、次回以降の記事でピックアップしていきます。

 

不動産は立地が全てと言われるほど、賃貸経営にとって立地というものは大切です。

当たり前ですが、一度物件を購入してしまうと、立地というものは変えられません。

それだけに、慎重に慎重に検討する必要があります。

 

「好立地」というとみなさんは何を思い浮かべますか?

駅近、商業施設がある、主要駅が大きいetc…そんなところでしょうか。

 

もちろん上記の条件が揃っている場所は好立地と呼ぶことはできます。

では、それ以外の立地は好立地ではないのか?

 

答えはもちろん、NO

ターゲットによって「好立地」の条件というものは変わってきます。

 

単身サラリーマンであれば往往にして「立地」には「交通の利便性の良さ」を求めます。

 

「交通の利便性の良さ」が単身サラリーマンにとっての「好立地」となる…

 

単身のサラリーマンにとっての交通の利便性の良さというのは、

都心に近い・駅近=通勤しやすい

深夜営業の飲食店やスーパーがある=生活しやすい

といった定義になってくるでしょう。

 

学生も「立地」には、「交通の利便性の良さ」を求めますが、

学生にとっての利便性の良さというのは

学校が近い・コンビニやスーパーが近い・物価が安い・アルバイト先がある

といった定義になってきます。

 

「交通の利便性」といっても、ターゲットによって全く定義が異なります。

 

逆に単身者に比べてファミリー層は

立地には利便性よりも落ち着いた静かな住宅街・学校・公園・治安

といった点を重視する傾向にあります。

 

こういったファミリー層には、都心の駅近よりも

少し郊外の落ち着いた立地が「好立地」と定義されるのです。

 

「好立地」というのは単に駅近・商業施設がある・主要駅が大きいなどの条件が

揃っていれば良い、という訳ではないということです。

 

物件のターゲットと立地条件がちぐはぐになってしまうと、物件自体がどんなに素晴らしいものであっても

入居者が決まらず収益が減ってしまう…下手するとキャッシュアウト…

といったことになりかねないので、ここは絶対に押さえておくべきでしょう。

 

好立地」に一番重要な要素は

物件のターゲットと立地条件が一致している」こと。

 

そういった物件を見つけることが不動産投資の成功への第一歩ですね!

 

  • TOP
  • ブログ
  • 【立地編】不動産投資を始める前に知っておきたい5つのポイント