Seminarセミナー案内

【新型コロナウィルス緊急対策】民泊運営相談を開始しました。

新型コロナウィルスによる「お困りごと」

民泊施設運営に関しての「お悩みごと」など!

 

 

2019年年末から日本国内での流行が懸念されていた新型コロナウィルス。

2020年には、国内でも感染者が増加し、世界的流行が広がっています。

各種イベントの自粛や、関西の観光拠点でもあるUSJの長期休業、海外からの渡航中止処置など、

観光業に対するダメージは非常に大きく、インバウンドによる集客が中心となっていた民泊事業

にも大きなインパクトを与える状況となっています。

 

大阪の民泊施設の稼働率はすでに30%前後で推移するところとなっており、

7月まで予約がすべてキャンセルとなってしまった施設さまもおられるようです。

外国人をターゲットに、高利回りを見込んで物件の「借上げ」を行い、民泊施設を運営する事業者様は特に、

出口の見えないこの状況を不安に考えれていることと思います。

 

株式会社アイ・ディー・シーでは、新型コロナの流行に伴う民泊運営者様への支援対策の一環として、

不動産管理、運営の視点から「今の状況」の緩和、及び脱却に向けた相談窓口を開設いたしました。

弊社の宿泊施設企画・運用スタッフと、不動産管理チームが、

「今できる最善」の対策をご提案いたします。

 

今、お困りの民泊運営事業者さまは、お気軽にご連絡ください。

豊富な不動産運用の実績と、SARS・MERS、東日本大震災…と、過去に「全予約キャンセル」を経験し、

対策を行った宿泊施設担当者の経験を生かし、ご提案させていただきます。

 

お問合せ・ご面談のお申し込みは こちら からお申込みください。

 

 

  • TOP
  • セミナー
  • 【新型コロナウィルス緊急対策】民泊運営相談を開始しました。