CPM®不動産経営管理士について

CPM®️コンサルタントの使命はオーナー様の収益最大化

What’s CPM

IREM公認不動産経営管理士
CPM®️コンサルタントとは

CPM(Certified Property Manager:米国公認不動産経営管理士)はプロパティーマネージメント業務に従事する人に対して米国シカゴに本部をおくIREM(Institute of Real Estate Management)が認定した教育課程を修了し、一定の試験に合格したものにIREMより与えられる不動産業界最高峰の認定資格です。

Highly rated

不動産マーケットから求められるCPM®️

CPM®️制度は70年近い歴史があり、既に体系的に完成されています。CPM®️は商業不動産の管理を始め居住系不動産、分譲マンションのマネージメント等をカバーする不動産マネージメント資格の最高峰と言えます。取得まで2年近い時間を要し、段階的な試験と資格取得まで厳正なプロセスが必要で、とても敷居の高いライセンスではありますが、教育プログラム自体の評価が群を抜いて高いのは事実です。米国以外においてCPM®️が普及している国の数を見ればその反響は言うまでもありません。

Business

賃貸管理業と
CPM®️コンサルタント業務の違い

賃貸管理業務と、CPM®️の業務とでは大きな違いがあります。一般的に賃貸管理業務とは入居者の募集、契約手続き、家賃回収から清掃、クレームの対応が主な業務ですが、CPM®️はオーナー様の収益を最大限に高めることが使命です。
入居率を上げ、相場より高い家賃をどうすれば得られるのか、運営コストの削減など、具体的な数値化から改善をおこないます。

CPM®️が得意とする業務

  • オーナー様の収益を最大化

    不動産経営は、オーナー様にとって最大限利益が出るものでなければなりません。そのためには、運営コストや解約率は最小限に抑え、家賃や入居率は最大限にしていく必要があります。CPM®️はそのためのご提案を物件ごとの特性を分析し、ご提案することが出来ます。

  • 賃貸経営を
    数値化~分析し最適化する

    CPM®️は、従来の不動産業界の慣習である担当者の勘や経験と度胸に頼ったご提案ではなく、賃貸経営を数値化し、理論やデータに裏付けられた経営戦略をご提案することを得意としています。

  • オーナー様の視点でのご提案

    資産のプロフェッショナルだからこそオーナー様の抱えている悩みを表面的ではなく、根本から理解することがとても重要です。CPM®️はオーナー様視点でのカリキュラムを学んでおり、オーナー様お一人お一人のお悩みに寄り添ったコンサルティングを致します。

IDCからオーナー様へのお約束

私たちは、プロフェッショナルな不動産管理の推進を図ることをお約束します。

私たちは、不動産管理に携わっているすべての関係者の間の公平なビジネスや競争を保ち、推進することの必要性を認め、IREM協会の最高の道徳と倫理基準に則り、オーナー様へ最高のサービスを提供することをお約束します。

  • 条項1 クライアント、会社あるいは雇用者に対する忠誠

    私たちは、常に、私たちが関係しているクライアントと雇用者あるいは会社の利害関係に対して、忠実である事をお約束します。私たちは、雇用者とクライアントの利害関係と物件の維持と保護のために精勤致します。私たちは、クライアントや雇用者の利害関係に反すると論理的に解釈されうる行動を取りません。行動が、会社あるいは雇用者と、クライアントとの間の利害関係に対立するものとなった場合は、クライアントの利害を優先致します。

  • 条項2 守秘義務

    クライアントの事前署名がなければ、また、適用法や規定によって開示が義務付けられていない限り、私たちは、クライアントのビジネスや私事を害するあるいは損害を与える、極秘あるいは専有情報を第三者に公開致しません。

  • 条項3 経理と報告

    管理契約条項に沿って、私たちは、クライアントのために管理している資産一つ一つに関する、正確で監査可能な財務および業務記録と書類を提出するために、正当な努力をし、これらの記録は、いつでも適当な時間にクライアントが点検できる状態に致します。
    私たちは、管理しているクライアントの資産について、クライアントと合意した頻度で、定期レポートを提出します。私たちは、クライアントの資産や関連取引についての実質的な事実を隠したり、偽って伝えたり、大げさに言ったり致しません。

  • 条項4 資金の保護

    私たちは、常にクライアントの受託者として働き、個人や会社の資金をクライアントの資金と混ぜる、あるいは一人のクライアントの資金を他のクライアントのために利用してはならず、クライアントの資金は、クライアントの書面による指示に従って保管するか、保険付の金融機関の信託口座に保管致します。私たちは、常識的に予測できる臨時支出や損失などから、クライアントの資金を守り、維持するよう、常に最大の努力をします。

  • 条項5 他業者との関係

    私たちは、不動産管理協会のメンバーの業務に関して、偽りのあるいは誤解を招く恐れのあるコメントをしたり、それを許したり、あるいは奨励致しません。私たちは、その本業において、真実に実質的事実を述べます。私たちは、他の不動産業者の提供するサービスと比較して、自分のサービスを大げさに言ったり、偽って伝えたり致しません。

  • 条項6 契約

    文書による私たちとクライアントの間の契約は、私たちの提供するサービスと責任とに関する一般的な記述を含めて、両者が合意した具体的な内容を、明確に分かりやすい表現を使って記述致します。

  • 条項7 利益相反

    私たちは、クライアントや雇用者の利害と相違するあるいは相反する個人的あるいは仕事上の利害関係を持ってはならず、クライアントあるいは雇用者が事前に文書でその活動あるいは潜在的利益相反について通知を受け、その関係について文書で承認しない限り、直接的にも間接的にも、クライアントの利害関係に相反すると見られる可能性がかなりあるリベート、料金、コミッション、割引、あるいは金銭的であるかどうかに関わりなく、その他の利益を受けません。

  • 条項8 クライアントの資産の管理

    私たちは、クライアントの資産の維持と管理に当たり、常識的に予測できる臨時支出や損失などから、クライアントの物件を守るよう、最大の努力をします。

  • 条項9 過去のクライアント、会社、雇用者に対する義務

    この規定に納められているクライアント、会社、雇用者に対する私たちの義務と責任は、過去のクライアント、会社、雇用者に対しても適用されます。どのような理由によって、私たちとそのクライアント、会社、雇用者の関係が終わったとしても、私たちは、プロフェッショナルな態度で行動します。しかし、この条項は、決して、私たちの現在のクライアント、会社、雇用者に対する義務や責任に違反させるような内容であると解釈すべきではありません。

  • 条項10 法律と規制の順守

    私たちは、常に、適用法や規制を知り、順守して、仕事や個人的行動を取ります。

  • 条項11 機会均等

    私たちは、人種、肌の色、宗教、性別、家族構成、国籍、年齢、性的指向、障害のゆえに、均等な雇用機会や均等な事業提供を拒まず、機会均等に関するすべての適用法と規制を順守しなければなりません。

  • 条項12 テナントその他に対する義務

    私たちは、クライアントの物件を有能に管理し、クライアントの敷地に合法的に存在するテナントや入居者とその他の人の権利、責任、利益を配慮します。私たちは、クライアントの土地などに合法的に存在する人の安全や健康を害するような行動に故意に関与致しません。

CPM®️保有資格者紹介

  • 私たちはオーナー様に幸福をお届けする青い鳥として、オーナー様お一人お一人の「人生」に寄り添ったコンサルティングをポリシーに日々活動しています。お困りのことがございましたら、ぜひ弊社コンサルタントにお任せください。

    山口 卓二
    代表取締役山口 卓二
    CPM(IREM公認不動産経営管理士)
    公認不動産コンサルティングマスター
    宅地建物取引士
    賃貸不動産経営管理士
    相続支援コンサルタント
    2級建築施工管理技士
  • 入社10年の豊富な経験とCPMの知識を活かし、不動産のプロフェッショナルとして、日々活動しています。オーナー様の夢・目的の実現に向けて、私たちがプロフェッショナルとしてベストを尽くします!

    苅谷 真
    チーフコンサルタント苅谷 真
    CPM(IREM公認不動産経営管理士)
    宅地建物取引士
    賃貸不動産経営管理士
    相続支援コンサルタント